某先生の一言 その62011/02/23 00:28

【一言】
多く作品を、ノーファインダーで撮影した。ピントは、マニュアルフォーカスで合わせている。

【解説】
昨日伺った写真で、作者から聞いたお言葉です。
ノーファインダー撮影に熟練してくると、ファインダーを覗かずに①意図した構図を作り、かつ、②マニュアルフォーカスでピントを合わせることができるそうです。

ノーファインダーで撮影にすることにより、以下のような写真が撮れるようになるとのことでした。

 ・カメラ意識しない自然な被写体を撮影できる。
 ・周囲を広く見渡すことができる。
 ・見渡した範囲の中から興味の引く対象を瞬時に
  切り取ることができる。

出展された写真のなかには21mm F2でノーファインダー撮影したものもあります。広角レンズといえども、ピントが合わせづらいF値です。それをノーファインダーのマニュアルフォーカスで撮影できる能力に、素人と写真家の違い感じました。

・・・そんな作品を見れる写真展が、現在開催中です。スナップ写真に興味のある方は、足を運んでみると良いのではないでしょうか。

 ・名称: 加藤 寛哉 写真展 「CITY WITHOUT EXIT」
       - Emotional moment in Shibuya -
 ・期間: 2011年2月21日(月)~3月4日(金)
 ・場所: コダック フォト サロン

ではまた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://photoblo.asablo.jp/blog/2011/02/23/5699816/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。