しながわ水族館 その32010/07/01 00:29

帰りに通った公園。夜も近いせいか人が少ない。





ではまた。

マザー牧場2010/07/04 10:20

マザー牧場に行ってきました。

【ウマ】
乗馬もできるけど、お値段は高め。

【ヒツジ】
おとなしく毛を刈られています。ちゃんと生きてますよ。

【犬】
元気があってよろしい。

【トラクター】
意外とカッコイイ。

【観覧車】
途中は霧(霧雨?)が発生しました。

【ヒツジ】
おみやげ屋さんにいます。

ではまた。

EOS学園実習(2010/7/17)2010/07/19 01:08

久しぶりにEOS学園の実習に行ってきました。
今日のテーマはマクロです。まずは、実習終了後に見かけたネコの写真をお届けします。この前のネコより、良い表情が撮れたと思います。
全部マクロレンズ(EF-S60mm)で撮ってますが、マクロっぽさを感じるのは最後の写真ぐらいかな。





ではまた。

EOS学園実習(2010/7/17) その22010/07/25 23:05

更新が遅くなりましたが、マクロレンズ(EF-S60mm)で撮ったその他写真を掲載します。

【水のしずく】
マクロ撮影の定番の被写体。

【花 その1】
マクロの場合はシベの部分にピントを合わせるのが基本。

【花 その2】
花かな? 背景の輪郭が分かるぐらいの絞り(F4)で撮影しました。

【クモの巣】
クモの巣を撮れるようになれば、マクロ撮影は半人前らしい。まだまだ歩留まりが悪く、半人前に達しません。

【海岸】
水と海辺の石を狙いました。

【???】
何の写真だか分かりますか? 金属製のゴミ箱の網と、ゴミ箱内のお菓子の袋です。

【今日のポイント】
マクロ撮影では撮影の基本技術がよりシビアに問われます。以下に気をつけましょう(自分ができていないところ)。

・被写体ぶれ・手ぶれの防止
 マクロ撮影の場合、通常撮影と比べてぶれが発生
 しやすくなります。暗い場所での撮影や、絞って
 撮影する場合は、三脚を使いましょう。
・絞りの調整
 マクロ撮影の場合、通常撮影と比べて被写界深度が
 浅くなります。撮影意図に応じて絞りを変えて、
 被写界深度を調整しましょう。
・三脚の正しい使い方
 マクロ撮影の場合、三脚の立て方の難易度が上がり
 ます(被写体との距離・角度を微妙に調整する必要が
 あり、かつ、設置場所に障害物があることも多い)。
 この点は、場数を踏んでなれる必要がありそうです。

ではまた。

三重・和歌山旅行2010/07/26 19:03

ブログの更新をサボっている間、早めの夏休みを頂いて三重・和歌山を旅行していました。

【伊勢神宮】
伊勢神宮はひとつの神社を指すのではなく、複数の神社の総称です。今回は外宮と内宮の二箇所を参拝してきました。

立派な木がたくさんあります。

とりあえず神社っぽい写真を載せます。

晴天です。猛暑です。

親子連れも多くいます。

萱葺(かやぶき)屋根。伊勢神宮の建築様式は、高床式倉庫が変化したものだと考えられているそうです。

木漏れ日。

鶏がいます。動きを伝えたかったのですが、分かりづらいですね。

【おかげ横丁】
伊勢神宮の近くにあります。東京で言うところの浅草の商店街のような感じです。

証拠写真っぽい1枚。

古風な町並みです。

細かいところも凝っています。

招き猫がたくさんいました。

お店の展示物。キットレンズ(EF-S18-55mm)も絞り開放だとボケますね。今回の写真は全部キットレンズで撮影しています。

水浴び。犬も暑いのでしょう。

ではまた。